Read Article

フロントページ用

ビジネスでお困りですか?

ビジネスに関わっている人間であれば、絶対に何か「困っている事」があるのではないでしょうか。
ただ、そのような困っている事を解消したり、理想を実現にするのはもの凄く難しい事が多いですよね。
売上を上げたくても上がらない、新規顧客を獲得したくても出来ない、客単価を上げたくても上がらない・・・
そういった事を皆さんも経験されているのではないでしょうか?

どうすれば効果的に解決できるのか?

ビジネスで困った時はみなさんはどうしますか?
本を読んだり、WEBで検索してみたり、セミナーに参加してみたりなど
様々な解決方法があると思います。しかし、その解決策でうまく行く事がありましたか?
どれも、すぐに効果が現れなかったり業種や業界によっては全く使えない手法だったりなどしないでしょうか。

大切なのはデータ

ビジネスにおいて問題解決を行う上で大切なのは「データ」です。
様々なデータを集めて分析して始めて解決策を見いだす事が出来ます。
また、これらのデータを基に販売戦略を立てることも出来ます。
とにかくビジネスのあらゆる場面で大切なのはデータなのです。

もそもマーケティングとは何でしょうか?
マーケティングとは「商品の売れる仕組みを作ること」です。

そんなマーケティングですが、ちゃんと出来ているでしょうか?

なんとなく広告を出稿してみたり、なんとなくWEBサイトを更新してみたり・・・
既に持っているリストに対してテレアポしてみたり、飛び込み営業をしてみたり・・・

特に計画を立てずにマーケティングっぽい事をしていませんか?

果たしてそれで効果が出ているのでしょうか?
また、効果が出ていたとしても無駄なコストや労力がかかっていたりしませんか?

マーケティングはデータの分析から始めよう

マーケティングを本気で始めるのであれば、まずは様々なデータの収集と分析から
始めましょう。
データを収集して分析すれば顧客候補の嗜好や興味のある事、行動パターンが見えてきます。

また、データを見れば「顧客となり得る人」と「しっかりフォローすれば顧客になりそうな人」、「絶対に顧客にはなり得ない人」という事も見えてきます。

この中で「顧客となり得る人」「しっかりフォローすれば顧客になりそうな人」に対してだけマーケティング活動や営業活動を行えばいいので効率的に利益を上げる事が出来ます。

データを分析したらアクションを起こそう

データを収集して分析が出来たら次はアクションを起こす番です。
顧客の嗜好や興味のある事、行動パターンを基にしてメール送信や顧客訪問などアクションを起こして行きます。

例えば、顧客がAという商品に興味を持っているようであればAについて詳しく書かれたメールを送信してみるのもいいでしょう。
もしくは、顧客が価格表を見ているようであれば割引のお知らせをメールに載せて送るのも効果的です。

また、リアルでの営業活動においても顧客が見ているWEBページなどのデータを基に資料作成や話す内容を事前に練っておくと効果が期待できます。
よく自社のホームページを見てくれている顧客だけを重点的に営業するのもいいでしょう。

このようにデータを分析してそれを基にアクションを起こして行くのがマーケティングなのです。

これらを全て実現してくれるのがSales Manago

ここまでのマーケティングですが、ちょっと難しそうだったりめんどくさそうですよね?

どうやってデータを集めればいいの?データの分析はどうすればいいの?顧客となり得る人とそうじゃ無い人ってどうやって見分ければいいいの?

そんな疑問や問題点が沸いてくると思います。

これらの疑問や問題点を解決してくれてあなたのマーケティングをお手伝いするのがSales Managoです。
Sales Managoは世界40カ国で5000社以上の会社に使われているマーケティングツールです。
誰もが知っているあの有名企業も使っているんですよ。

Sales Managoに任せればあなたの代わりに顧客のデータ収集と分析、さらにはメールの送信などありとあらゆるマーケティング活動を自動でやってくれます。

設定さえすればあなたはマーケティングの戦略を立てるだけで何もする必要はありません。
営業担当に対する営業指示のメールすらSales Managoが送信してくれるんですよ。

Return Top