Read Article

オプトアウトしたユーザーをもう一度オプトインさせる方法

オプトアウトしたユーザーをもう一度オプトインさせる方法

オプトアウト

Sales Managoやステップメール配信サービスには必ずオプトアウト機能が搭載されています。
オプトアウトとはユーザーが「もうメールを送って来ないで欲しい」と思った際にオプトアウト用リンクをクリックする事によってメールの配信を止める事が出来る機能です。
 
つまり、オプトアウトされるとそれ以降メールを送信する事が出来なくなってしまうわけです。

Sales Managoを利用しているとどんなにうまくメールを配信しても必ずオプトアウトするユーザーが出てきてしまいます。
今回はそんな一度オプトアウトしてしまったユーザーを再びオプトインさせる方法をご紹介します。

SNSの活用

一つ目の方法としてはSNSの活用です。
SNSを活用する事によってユーザーを再び手に入れます。

特にFaceBookはSNSの中でもビジネスマンのユーザーが多く、なっています。こうしたFacebookの特性を利用すれば一度オプトアウトしてしまったユーザーを再びオプトインさせる事ができます。

ターゲティング広告の活用

ユーザーを再びオプトインさせるのにある程度のコストがかけられるのであれば、ターゲティング広告を活用するのも一つの手段です。

オプトインした際の情報(メールアドレス)などのリストを用いてオプトアウトしてしまったユーザーだけに広告を出せば最低限の費用で最大の効果を得る事ができます。

ターゲティング広告を使った方法はSNSの活用に比べてコストがかかりますが、その分効果が高いのでおすすめです。

このように様々な方法でオプトアウトしてしまったユーザーを再びオプトインさせることができます。

一度オプトアウトしてしまったら諦めてしまうのではなく、再びオプトインさせるための施策を考えて実行するのもマーケティングオートメーションを活用する上で大切です。

Return Top