Read Article

MAを入れればいいという発想は間違っている

MAを入れればいいという発想は間違っている

マーケティングオートメーションは入れれば効果が出るものではない

世の中ではマーケティングオートメーションという言葉の「オートメーション」という部分のみが言葉の一人歩きをしてしまっています。

なんとなく入れてみれば効果が出そうだし、とにかく入れてみればいい影響がでるだろう・・・そう思って導入される方も多数いらっしゃいます。

特に最近は本当に様々なマーケティングオートメーションツールが登場してきています。
月々1万円以下から利用できるようなサービスもあります。

こうした背景からマーケティングオートメーションを導入するハードルが下がってきており「とにかく入れてみよう」という企業が増えています。

しかし、これは大きな間違いなのです。

マーケティングオートメーションを入れた企業の大半が活用出来ていない

あるレポートによるとマーケティングオートメーションを導入した企業の大半がマーケティングオートメーションをうまく使いこなせていないようです。

これはなぜかと言うとMAは「入れるだけ」では意味がないからなのです。
MAを導入するのであれば環境つくりも大切なのです。

特に重要となるのがペルソナ設定です。

ペルソナをしっかりと設定する事が出来なければMAのオートメーションルール(どのようにMAを動かすかという事を予め決めておくプログラムのようなもの)を設定する事が出来ません。

また、このペルソナというのはマーケティングオートメーションが自動で設定してくれるものではありません。人間が設定する必要があるのです。

マーケティングオートメーションを導入するには高度な知識が必要

マーケティングオートメーションをWEBサイト上に導入する事はとても簡単です。
恐らくWEBの知識がある方であれば数分で出来てしまう作業かと思います。

しかし、本来の意味で導入し運用するとなるとマーケティングに関する知識が必要となってきます。
こうした知識を有する人材が社内にいない会社などはサポートが充実しているマーケティングオートメーションツールを選ぶ事をオススメ致します。

SalesManagoの場合、日本代理店である株式会社ベレネッツはブランディングの専門会社です。
ですから、マーケティングオートメーションの導入や運用につきまして高度なサポートを提供させていただく事が可能でございます。

Return Top