Read Article

企業がブログ(コラム)を書くべき理由

企業がブログ(コラム)を書くべき理由

企業がブログやコラムを書いたほうがいい理由とは

SalesManagoを導入された企業様には必ず週に数回、ブログもしくはコラムを書いてもらっています。
それにはある理由があるのです。

今回はその理由をご紹介致します。

ブログやコラムは情報発信の場

企業のWEBサイトには一度作ってしまうとあまり更新される事がないのではないでしょうか。
もちろん「お知らせ」という部分に新商品の告知やイベント開催情報などを掲載する場合はあるでしょう。
しかし、基本的には更新される事は無い場合が多いと思われます。
この場合、WEBサイトに訪れるユーザーからするといつも同じ内容ではつまらないですし再度アクセスする必要もありません。

恐らく、上記のようにWEBサイトを作ったらほとんど更新しないという企業様の場合は「今の時代、どこの会社でもWEBサイトくらい持ってるから作っとくか」というような考えて作られた場合がほとんどではないでしょうか。

しかし、弊社の考え方は異なります。
企業にとってWEBサイトというのは見込み顧客とのコミュニケーションの場であると考えております。
自社のWEBサイトに何度も訪れてもらう事によって自社の製品の魅力や自社の考え方などを見込み顧客に知ってもらう必要があるのです。
このような考え方はマーケティングオートメーションのリードナーチャリングという部分にも通じるものがあります。

こうした事からブログやコラムを情報発信の場として活用していくのが必要となるわけです。
ブログやコラムを定期的に(出来るのであれば毎日)更新し続ける事により見込み顧客がサイトへ再度アクセスしたり商品やサービスに興味を持ってもらえるようになるのです。

SEO上も有利

現在の検索エンジンの特性としては同じような内容のWEBサイトの場合、情報の更新頻度が高いサイトや更新日が新しいサイトのほうが上位に表示されると言われています。

ですから、定期的にブログやコラムを更新する事はSEO上でも有利となるわけです。

また、ブログやコラムはその他のコンテンツに比べて様々なキーワードを入れやすくなります。また、時事ネタやトレンド入りされているキーワードを入れる事によって表示回数を増やすことも可能です。

このようにブログやコラムは通常のコンテンツに比べて環境の変化に適応しやすいのです。

まずは書いてみる

ここまで読んで頂ければブログやコラムを書く事が重要という事を理解して頂けたと思います。
しかし、「何を書けばいいかわからない」「続けられるかわからない」などの理由から踏みとどまってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな人は、最初は何も考えず「とにかく書いてみる」という事をオススメします。
とにかく自社のサービスや商品を説明する内容を書いて見てください。
書き続けるうちにどのように書いていけばいいかという事が徐々にわかってくると思います。

Return Top