Read Article

WEBサイトを訪れる人をトラッキングすべき理由

WEBサイトを訪れる人をトラッキングすべき理由

WEBトラッキング

Sales Managoなどのマーケティングオートメーションツールの主要機能の一つにWEBトラッキング機能が搭載されています。
このWEBトラッキング機能ですがGoogle アナリティクスよりも高機能でより多くのデータを手に入れる事が出来るのです。

特にGoogle アナリティクスの場合はWEBサイト全体のデータ収集がメインですがマーケティングオートメーションツールのトラッキング機能の場合はサイトへの訪問者一人一人を重点的にトラッキングしていきます。

今回はなぜWEBサイトを訪れる人をトラッキングする必要があるのかについてご紹介します。

その1:相手を知る

WEBサイトに訪れる人を一人一人トラッキングすると、その人の事を知る事が出来ます。
「どのような事に興味を持っているのか、それに対する知識はどの程度なのか、活動時間帯はいつなのか」このような多数の情報を得る事が出来るわけです。

Googleアナリティクスの場合、こうしたデータは1月や1日というような単位で分析したり活用する事になります。しかし、マーケティングオートメーションであれば1人という個人単位で分析や活用を行う事が出来るのです。

その2:パーソナライズ化

マーケティングオートメーションでWEBサイトに訪れる人をトラッキングするとその人の事を知る事が出来ます。そして、そのデータを基にして訪れる人、一人一人に最適なWEBページを表示する事が出来ます。
例えば、トップページに表示するバナーやポップアップなどを訪問者の嗜好や興味のあるものを表示する事が出来るのです。

今までは、WEBサイトには1通りしかありませんでしたがマーケティングオートメーションを導入する事により訪問者の数だけWEBページを表示する事が出来るのです。

その3:信頼を得る(顧客との関係作り)

人は「自分だけ」という特別なものに好感を抱きます。

WEBサイトに訪れる人をトラッキングする事によって訪問者の事を知る事が出来ます。そして、その訪問者についての知識を活かしてメールや営業を行う事も出来るのです。
こうした「あなただけの」という特別なものは顧客から信頼を得やすくいい関係を作る事にも繋がります。

その4:購入までの時間を短縮

WEBサイトを訪れる人をトラッキングする事により、その人がどんな事に興味があるのかという事を簡単に把握する事が出来ます。そのデータを基にすれば訪問者が本当に興味のあるサービスや商品を勧める事が出来ます。

今までは訪問者が興味のないものまで勧めていましたがそれを防ぐことにより無駄な時間を削減する事が出来ます。

購入までの時間を短縮する事が出来るのです。

その5:推測ではなく実データを活用

WEBトラッキングを行う事による最も大きなメリットはデータを収集出来る事です。

今までは推測という曖昧なものに基づいて行っていたマーケティングやその他の活動を実際のデータを基にして行う事が出来ます。
実際のデータを基にする事により大幅な時間とコストの削減を行う事が出来ます。

Return Top