Read Article

ECサイトを運用しているのならMAを導入すべき5つの理由

ECサイトを運用しているのならMAを導入すべき5つの理由

ECサイトにもMAを

ECサイト

マーケティングオートメーションはどちらかと言えばBtoB向けのイメージをお持ちの方が多いと思います。
しかし、実はマーケティングオートメーションはECサイトなどBtoC向けのビジネスでも活用する事が出来ます。

特にSales ManagoはECサイトで活用出来る機能も多数搭載されており、実際に世界中のECサイトで使用され大きな効果をあげています。

今回はそんなECサイトがマーケティングオートメーションを導入すべき5つの理由をご紹介します。

その1:CRM(顧客管理システム)

CRM

Sales Managoを始めとするマーケティングオートメーションのサービスにはCRMと呼ばれる顧客管理システムが搭載されています。
この顧客管理システムには顧客の氏名・性別・年齢・購入履歴・WEBアクセス履歴などの様々な情報を登録することができます。もちろん、条件をしていして検索する事が可能です。

こういった機能はECサイト構築サービスなどにも搭載されている場合がありますが、マーケティングオートメーションのCRMは比べ物にならないくらい高機能です。

特に顧客のアクティビティ(いつWEBサイトのどのページを見たか、どのメールを読んだかなどの記録)を確認する事ができますので顧客についてより深く知ることが出来ます。

その2:オートメーションプロセス

設定

Sales Managoや一部のマーケティングオートメーションには「オートメーションプロセス」という機能が搭載されています。この機能は予め設定した条件に応じてシステムが様々な動作を行う機能です。

例えば事前に「Aという商品を購入した顧客に対して購入後1カ月経過したらBという商品を勧めるメールを送る」という条件を設定しておきます。
するとシステムが自動的に自動的にこれらの行動を行ってくれるのです。

予め設定を行っておくという手間はかかりますが一度設定をしてしまえば後は自動的に動作しますので顧客へいちいちメルマガを送るという手間を省く事が出来ます。

また、メールを複数用意しておけば顧客ごとに異なるメールを送る事も出来ます。

その3:チャットボット

salesmanago.jp

これの機能はSales Managoだけの機能となってしまうのですがチャットボット機能が搭載されています。
お客様からのお問い合わせに対して一次対応をチャットボットに任せる事が出来ます。
ECサイトは多くのお客様からお問い合わせを受けると思いますので一次対応だけでも手間を省く事が出来るのは重要なのではないでしょうか。

その4:レコメンド機能

マーケティングオートメーションにはポップアップを表示する機能が搭載されています。ポップアップを使って特定の商品をオススメする事が出来ます。もちろん、同様にメールでオススメする事も出来ます。
また、ポップアップやメールに表示される内容はユーザーごとに異なるものを設定する事が出来るのです。

例えば、「緑色の服を多く買っているお客さんに対しては緑系統の色の服を勧める」というような事も自動で行ってくれます。

顧客の好みや趣向などは自動的にSales Managoが収集しCRMに記録してくれます。

その5:顧客の分析

分析

Sales Managoのような多くのマーケティングオートメーションサービスにはRFM分析を行う事が出来ます。
RFM分析はカートシステムなどにも搭載されている事も多いですがマーケティングオートメーションには様々な顧客のデータが蓄積されているのでこれらのデータを用いてより高度なRFM分析を行う事も可能です。

ECサイトにもMAを

このようにECサイトにもマーケティングオートメーションを導入するメリットは多数あります。
ここで紹介した5つ以外のメリットも多数ありますのでぜひ、導入を検討してみてください。

Return Top