Read Article

リードジェネレーションで使える「何か」

リードジェネレーションで使える「何か」

リードジェネレーションでは何を用意すればいいのか?

Sales Managoを始めとするマーケティングオートメーションでは、必ずリードジェネレーションつまりリード(見込み顧客)を獲得する必要があります。

リードを獲得するという事は言い換えればWEBページにアクセスした人が「メールアドレスや名前」などの個人情報を登録する事を言います。

普通は「何か」を引き換えにメールアドレスや名前を登録してもらう事になるのですが、この「何か」は一体「何」がいいのでしょうか?

BtoCなのか、BtoBなのかで大きく異なる

リードジェネレーションにおいて見込み顧客に提供する「何か」はBtoCなのかBtoBなのかで大きく異なります。

ECサイトなどBtoCサイトの場合、やはり最も効果的なのは「クーポン」です。
クーポンほど見込み顧客を引き付けられるものはないでしょう。
また、クーポンでなくてもメールアドレスを登録しなければ買えない「限定商品(商品が魅力的である必要がありますが)」や「シークレットセールへの招待」なども見込み顧客を引き付けられるのではないでしょうか。

BtoC向けのリードジェネレーションで使う「何か」は見込み顧客が「お得感」「特別感」を感じられるものにしておく事がポイントです。

一方でBtoBの場合はどうすればいいでしょうか?
BtoBの場合は「事例集」などがいいでしょう。
企業の場合、何かサービスや設備を導入する際には事例を気にする傾向があります。なのでメールアドレスを登録すれば事例集をダウンロードできるようにしておくといいでしょう。
BtoBの場合はWEBページ上にないような「魅力的な情報やデータ」をリードジェネレーションにお使いいただくのがポイントです。

欲しい!と思えるものを用意する

基本的に人はメールアドレスや名前などの個人情報を入力する事を躊躇します。それは煩雑であったり登録したら大量にメールが来るのではないかという不安がある為です。これはリテラシーが高ければ高い人ほどその傾向が強くなります。

ですから、如何に見込み顧客に「欲しい!」と思わせ、その躊躇を超えてでも得たいと思えるものを用意しておく必要があります。

よそでもダウンロードできるもの、ちょっと調べればわかる情報、ありきたりな割引・・・このようなものではリードジェネレーションを成功させることが難しいので注意が必要です。

リードジェネレーションはマーケティングオートメーションのベースとなるものですので手を抜かずにしっかりと行うようにしましょう。

Return Top