Read Article

ECサイトにもマーケティングオートメーションを導入するべきか

ECサイトにもマーケティングオートメーションを導入するべきか

ECサイトにもMAを導入する必要はあるのか

マーケティングオートメーションと言えば、どちらかと言うとBtoB企業向けというイメージを
お持ちではありませんか?

インナーネット上を探しても見つかる事例はBtoBばかりでBtoCのものはほとんどありません。
また、ECサイトの導入事例も見つかれませんよね。

マーケティングオートメーションはECサイトやBtoCのビジネスには必要ないのでしょうか。

ショッピングカートシステムにはMAのようなものがついている

ECサイトを運営されている多くの企業様は自社でショッピングカートシステムを開発しているのではなく
どこかのショッピングカートサービスを導入されていると思います。

こうしたショッピングカートサービスですが、実はマーケティングオートメーションのような機能が
ついていたりする場合があるのです。

例えば、商品別の売れ筋や購入者の分布を表示したりステップメールを送信したりなどの機能があげられます。
こうした機能があるのだからマーケティングオートメーションなんて不要と思われるかもしれません。

しかし、実はこれらの機能は「ショッピングカートサービス」の「おまけ」程度でしかありません。
動作が不安定であったり、思ったように使えなかったりなど不都合が多い場合があります。

そして、何よりもマーケティングオートメーションはマーケティングの為に開発されたツールですので
ショッピングカートサービスのおまけとは比べ物にならないくらい高機能で使いやすいのです。

ECサイトでも役立てる事が出来るデータ

マーケティングオートメーションを導入すれば様々なデータを取得する事が出来ます。
顧客の動向から人気のある商品を把握したり、顧客が求めている商品を把握する事も可能です。
その他にもメルマガの反応率やリピート率など様々なデータを取得出来ます。

また、これらのデータを元にして戦略を寝る事も出来ます。

例えばメルマガを複数パターン作成して送り、どのメルマガが一番反応率が高いかという事を把握して
メルマガの内容を変更するなどABテストを行う事が出来ます。

他にも顧客の動向を元にして仕入れる商品を変えたりなどデータの活用方法は無限にあります。

客単価の増加&リピート対策

Sales Managoには自動的にマーケティングを行ってくれるオートメーション機能が搭載されています。
この機能を使えば自動的に客単価を増加させたりリピートを増やすなどの対策を行う事が出来ます。

例えばカメラを買った顧客に対して「SDカードはいかがでしょうか?」というレコメンドを行ったり、
飲料水を買った顧客に対しては無くなる頃合いを見計らって「もう一度注文しませんか?」というような
メールを送る事も出来ます。

これらは最初に設定さえしてしまえば後は人間の手を介する事なくシステムが自動的に判断して行ってくれます。

今後はECサイトの導入はマストの時代へ

以前に比べてECサイトの数は年々増加しています。
普通のECサイトだけではなく最近はオークションやフリマアプリなどネットショッピングの方法も多様化してきています。

こうした状況になると価格競争に陥りがちですが、価格競争をせずにコンバージョンをあげて利益をあげるという事が大切に
なってきます。

マーケティングオートメーションを導入すれば客単価の増加や既存顧客からのリピート獲得など売り上げをあげる事が出来ます。

今後マーケティングオートメーションはECサイトを運営する上で必須となっていくのではないでしょうか。

Return Top