Read Article

マーケティングオートメーション入門#4

マーケティングオートメーション入門#4

マーケティングオートメーション入門#4「リードを熱くしよう」

リードをホットリードへ変化させる

マーケティングオートメーションでリード集め(リードジェネレーション)の次に行うのが
リードをホット(購入寸前の状態)に持っていくという事です。

これをマーケティングオートメーションでは「リードナーチャリング」と言います。
ナーチャリングとは英語のnurtureつまり「育成する」という意味があります。

このリードナーチャリングを行う事によって見込み顧客を顧客へと変化させるのがリードナーチャリングです。

顧客とのコミュニケーションを密に取る

リードナーチャリングにおいて重要なのはいかに顧客とのコミュニケーションを密に取るかという事です。
顧客と接する時間が長ければ長いほど顧客といい関係を作る事が出来ます。

コミュニケーションについてはやはりメールを使用するのが一番です。

顧客が商品の詳細ページを閲覧したらすかさず「その商品の活用方法」などを記載したメールを送ります。
こうする事によって顧客を少しずつその商品へ興味を掻き立てさせる事が出来ます。
これを繰り返す事によって顧客の気持ちを購入へ近づけて行きます。

ただし、逆に近づき過ぎてしまえば顧客から嫌われてしまいますので注意が必要です。
ほどよい距離感が必要です。

しかし、顧客の行動をずっと見ていてメールを送るなんて無理ですよね?
そこでマーケティングオートメーションを導入すればシステムが自動的に顧客に対してメールを送ります。

もちろんメールの文章自体はあらかじめ数パターン分を用意しておく必要がありますが、それさえ用意すれば
あとは全てを自動で行ってくれます。
宛名や送信者名などについても顧客ごとに設定することが出来ます。

つまりマーケティングオートメーションを導入すれば顧客とのコミュニケーションですら自動で行う事ができるわけです。

顧客が欲しがっている情報を提供する

パソコンやインターネット、スマートフォンなどが発達した現代において情報は溢れかえっています。
こうした状況から自分が必要としていない情報は多くの人にとって不要なものであり煩わしく思われてしまいます。

自分が興味のない内容を一方的に送りつけられても深い以外の何者でもなく、それはただの迷惑メールになってしまいます。
ですから、顧客に対してメールを送る際は「顧客が欲しがっている情報」「顧客にとって有益な情報」を送るようにしましょう。

顧客が欲しがっている情報はマーケティングオートメーションに搭載されているCRMを利用すれば把握する事が出来ます。
顧客のWEB上での動きを把握する事も出来ますし、メールの開封率などもわかるので顧客がどのような事に興味があるのかと
言うことが一目瞭然です。

また、オートメーションルールなどを作成しておけば顧客に対して自動的にタグつけを行う事も出来ます。
タグをつけて置けば顧客がどのような事に興味があるのかという事などが把握しやすくなります。

リードナーチャリングに焦りは禁物

やはり顧客は早く欲しいものですよね。売り上げだってすぐに上げたいのもよくわかります。
しかし、リードナーチャリングに焦りは禁物です。

短期間で商品を購入させようと、なんどもメールを送ってしまったり営業をかけたりするのは逆効果です。

リードナーチャリングは数週間〜数ヶ月かけて顧客との関係を築いていくものです。ですから、焦らずゆっくりと行って
いきましょう。

Return Top