Read Article

ハロウィンとリードジェネレーション

ハロウィンとリードジェネレーション

日本の新しいお祭り!?ハロウィンとリードジェネレーションについて考えます

年々派手になっていくハロウィン

55372076_624

10月31日はハロウィンです。
つい数年までは日本ではあまりメジャーなイベントではありませんでしたが、最近では仮装してパーティーを行ったり、様々なお店がハロウィングッズを販売したりハロウィンメニューを展開したりなど盛り上がりを見せてきています。

しかし、日本のハロウィンは欧米に比べると少し異なるようです。
本来のハロウィンは秋の収穫を祝ったり悪霊を追い出す行事だったようです。また、欧米では子供が仮装して近所の家を回ってお菓子を貰うというイベントだったようです。

しかし、日本では完全に大人がコスプレをして騒ぐイベントになってしまってますよね。
これには訪日中の外国人の方も少し違和感を抱いている人もいるようです。

さて、そんなハロウィンですがリードジェネレーションに生かす方法があります。

旬な情報はみんなが食いつく

これはSEO対策でも言える事なのですが旬な情報やトレンドな情報のほうが多くの人が求めているので検索されやすくなります。人の目に触れる機会も多くなってきます。

こうしたキーワードや事柄はリードジェネレーションに有効活用が出来ます。

マーケティングオートメーションはリードがいなければ何も始まりません。ですから、まずはリードを獲得する事が難しい・・・

そういった場合は旬なキーワードや情報を使ってみると効果があると思います。

ハロウィンを活用した事例

あるECサイトがありました。
そのサイトは家電製品から雑貨まで様々なものを扱っていました。
数年前からハロウィンのグッズ販売を行ったのですが、販売数は伸び悩んでいました。

マーケティングオートメーションを導入するも、そもそもリードがなかなか増えませんでした。

そこである対策を行う事にします。
それはハロウィンの人気仮装でもある「ゾンビ」のメイク方法を動画にして公開したのです。サイト上に動画を配置し視聴するにはメールアドレスを登録させるようにしたのです。
その結果、数百ものリード(見込み顧客)を獲得する事が出来ました。

ハロウィンのメイクについては多くの人が興味を持っているのでこうした人が動画を閲覧する為にメールアドレスを登録したのです。

これらのリストはハロウィングッズの販促に使える事はもちろんの事、他にも様々な事に生かす事が出来ます。

例えば、クリスマスの時期が近づいてきたら今度はクリスマスグッズの販促に使えるでしょう。

人が欲しいと思うものを使う

リードジェネレーションはサイトにアクセスしたユーザーが欲しいと思わせるものを使う事が大事です。ネット上で簡単に見つかるものや見れてしまうものなどはあまりユーザーが欲しいと思いません。

一般的にフォームに「何か」を入力する事をユーザーは面倒に感じます。また、自分のメールアドレスという情報を入れる事に対して不安を抱く人は多いと思います。

ですから、そういう人達でも「欲しい」と思ってもらえるようなものが必要になるのです。

そういう意味で多くの人が注目するハロウィンを使ってみるのは手だと思います。

Return Top