Read Article

テレアポで契約を取れるのか

テレアポで契約を取れるのか

今時テレアポで契約って本当にとれるのでしょうか?

テレアポや営業電話が好きな人はいない

記事の冒頭ですが、はっきりと断言させて頂きたいと思います!

「テレアポや営業電話が好きな人はいません!」

これは間違いないと思います。
テレアポや営業電話は不必要な人からしたら煩わしさ以外の何物でもないと思います。

ですから、まずその時点で契約や商談のアポイントが取れる可能性なんて大幅に低いわけです。

もちろん数打てば当たる作戦でリストに対してひたすら電話をかけまくればそのうちの数件では上手くいくかもしれません。

しかし、最近は迷惑電話を自動的に拒否する電話や機能などが登場しています。
さらには電話番号について口コミを投稿出来るサイトなども登場しており、下手に電話をかけてしまうと炎上に繋がってしまう可能性もあります。

また、テレアポには人件費や電話代がかかります。契約が取れるのであればこれらは問題ありませんが契約が取れなければ大切なお金を浪費するだけになります。
テレアポはコスト的にも無駄が多いわけです。

これからは通用しない?

インターネットが発達して「欲しい時に欲しいものだけ手に入る」というのが当たり前になってきました。
例えば、最近ではテレビではなくNetflixのような動画配信サービスに人気があります。動画配信サービスであればテレビのようにいちいち番組表を確認する必要もありませんし、見たい番組が何もないという状況に陥る事もありません。
ですから、動画配信サービスの人気が上昇するにつれてテレビの視聴率はどんどん下がっています。

このように自分の欲しい情報やサービスだけを欲しい時に提供されたいという人間の欲求は今度さらに深まっていくものと考えられます。そしてその結果、自分にとって不必要な情報やものは嫌われる対象にどんどんなっていくはずです。

ですから、今後テレアポはますます契約を取りづらくなっていく事に間違いありません。

テレアポの代わりにインバウンドマーケティング

そこでテレアポの代わりに重要となってくるのがインバウンドマーケティングです。

インバウンドマーケティングはお客さんが自ら自社のサービスや商品を欲しいと思わせるようにするマーケティングの方法です。

簡単に言うとお客さんに対して自社のサービスや商品について知ってもらい、知識を深めてもらった上で「ほしい!」と思わせるのがインバウンドマーケティングです。

このインバウンドマーケティングを行うツールの一つにマーケティングオートメーションというものがあります。
マーケティングオートメーションは自社のWEBサイトにアクセスした顧客に対して少しずつ自社の商品やサービスに興味を持つように様々なアプローチをしていきます。

顧客のWEBサイト上での動きに合わせて興味のあるバナーやポップアップを出したりと「押し付けるのではなく、自然な流れで惹きつける」マーケティングの手法です。

Sales Managoもこのマーケティングオートメーションツールの一つです。

日本では、まだまだマーケティングオートメーションやインバウンドマーケティングという概念はメジャーではありませんが既に世界中の企業で導入されているものです。

今後はマーケティングオートメーションやインバウンドマーケティングが当たり前の世界になっていくはずです。

Return Top